2005年07月07日

ガラス職人として

航空研究開発機構顧問 井口洋夫先生が 
「大野 貢の作成した装置によって研究を推進し、
日本の物理化学を世界のレベルまで押し上げた研究の具体例」

を10件挙げてくださいました。

A,  分子の双極子モーメント測定装置(特に誘電率測定用のセル)
  宮川一郎(アラバマ大学教授)、下沢 隆(埼玉大学名誉教授)

B, 結晶のX線解析装置(特にX線管球部)
  片山幹朗(東京大学名誉教授)綱川資成(桐蔭学園大学教授)

C, 気体電子回析装置 (特に気体導入部と排気系)
  朽津耕三(東京大学名誉教授)、 中村 泰(元東京大学教授)、飯島孝夫
 (学習院大学教授)、 村田好正(東京大学名誉教授)

D, ラマン分光器 (特に試料セル)
  吉田和夫(元三菱化成総合研究所長)、中村淳子(元理化学研究所所員)

E, マイクロ波分光器(特に排気系)  
  廣田榮治(総合研究大学院大学長)、 岡 武史(シカゴ大学教授)、
  松村 知(元工業技術院化学技術研究所部長)、
  斉藤修二 (分子科学研究所名誉教授)

F, 核四極子モーメント測定装置 (特に試料セル)
  和田昭允 (東京大学名誉教授)、 外山正春(元東芝総合研究所員)、
  伊藤公一(大阪市立大学教授)

G, 分子線散乱装置(特に気体導入部と排気系)
  千葉雄彦(元日本大学文理学部教授)

I, 超高分離能真空蒸留装置
  野田春彦(元東京大学教授)、田村孝章(元東京大学教授)

J, 原子吸収法に用いる長光路吸収管
  不破敬一郎(元公害研究所)、原口 紘き(名古屋大学教授)

K, 超小型溶液吸収スペクトル用セル  不破敬一郎 (ハーバード大学医学部研究員)
【関連する記事】
posted by 大野ガラス工芸研究所 at 02:13| 経歴−学歴のないことが私の宝だ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。